シンビジウム・カナリクラツム

Cymbidium canaliculatum

Cymbidium canaliculatum

オーストラリアの北部から東部に広く分布しています。熱帯から亜熱
帯の林内に生え、樹木の幹のうろなどに着生します。偽鱗茎は卵形
です。葉は長い線形で革質、表面には雨水を効率的に流すための
溝があります。9月から11月ごろ、偽鱗茎から長さ50センチほどの
花茎を伸ばして、芳香のある60個ほどの花を咲かせます。花色に
は変異が多く、緑色や褐色、暗赤色、暗紫色などがあります。
ラン科シュンラン属の常緑多年草で、学名は Cymbidium
canaliculatum。英名は Banana orchid, Black orchid, Tiger orchid。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年03月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp