シンビジウム・トラキアヌム

Cymbidium tracyanum

Cymbidium tracyanum

ビルマからタイ北部、中国の南部に分布しています。標高が1200
〜1900メートルの高地に生えます。バルブは扁平な卵形で、線状
舌形の葉をつけます。初冬のころ、花茎を伸ばして、褐色の筋が目
立つ花を咲かせます。強い芳香があります。
ラン科シュンラン属の常緑多年草で、学名は Cymbidium
tracyanum。英名はありません。
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2002年12月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp