ジキタリス・トロヤーナ [Index] [Back]

Digitalis trojana

Digitalis trojana

Digitalis trojana

Digitalis trojana

トルコが原産です。茎は直立して高さは60〜120センチになります。葉は狭い披針形です。6月から8月ごろ、長い穂状花序をだし、キャラメル色の花を咲かせます。花には白い毛の生えた下唇と赤さび色の咽部とがあります。
ゴマノハグサ科キツネノテブクロ属の二年草で、学名は Digitalis trojana。英名はありません。
Digitalis trojana belongs to Scrophulariaceae (Figwort family). It is a biennial herb that is native to Turkey. The stem is erect and can reach 60-120 cm in height. The leaves are narrow lanceolate. The long spikes are borne and bloom caramel-brown flowers from June to August. The flower has a white-haired lip and an gold and rusty brown throats.
長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp