ジャーマンカモミール

Matricaria chamomilla

Matricaria chamomilla

Matricaria chamomilla

Matricaria chamomilla

ヨーロッパから西アジアに分布しています。耕作地や大草原に生え、
高さは25〜50センチになります。6月から7月ごろ、「デージー」によ
く似た、ほのかにリンゴの香りがある花を咲かせます。ふつうにハー
ブとして用いられるのはこのジャーマン種です。和名では「カミツレ」と
呼ばれ、ハーブティーのほかに、古くから冷え症や生理痛、胃潰瘍や
胃炎などの薬として用いられてきました。
キク科シカギク属の一年草で、学名は Matricaria chamomilla。
英名は German chamomile, Chamomile。
German chamomile belongs to Asteraceae (Aster family). It is an annual
herb that is native to Europe and West Asia. This herb occurs in arables or
steppes and can reach 25-50 cm in height. The white, daisy-like
flowerheads come in June to July, and has a very delicate apple-like flavor.
German chamomile has been used for herb tea and medical herb of
excessive sensitivity to cold, cramp, gastric ulceration or gastric
inflammation from the ancient days.
[上・中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中2] 岐阜県郡上市高鷲町「牧歌の里」にて、
2004年10月30日撮影。
[下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp