ゼラニウム・マクロリズム

Geranium macrorrhizum

Geranium macrorrhizum

Geranium macrorrhizum

Geranium macrorrhizum

Geranium macrorrhizum

Geranium macrorrhizum

Geranium macrorrhizum

Geranium macrorrhizum

ヨーロッパの南部が原産です。マウンドを形成し、高さは20〜30センチになり、30〜60センチほどに広がります。葉には芳香があり、秋には紅葉します。6月から7月のはじめにかけて、紫色がかったピンク色の花を咲かせます。 
フウロソウ科フウロソウ属の半常緑多年草で、学名は Geranium macrorrhizum。英名は Bigroot cranesbill、Cranesbill。 
Bigroot cranesbill (Geranium macrorrhizum) belongs to the Geraniaceae (the Geranium family). It is a semi-evergreen herb that is native to southern Europe. This herb can reach 20-30 cm in height and forms mound 30-60 cm across. The leaves are aromatic and turn red in fall. The purplish pink flowers appear from June to early July. 
[上・中1] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月16日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中2] 名古屋市港区潮見町「ブルーボネット」にて、
2002年05月03日撮影。
[中3・中4] アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、
2016年05月31日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド・ロックカーロン「アタデールガーデン」
にて、2016年06月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp