ゼラニウム・ファエウム (黒花風露)

Geranium phaeum

Geranium phaeum

Geranium phaeum

ヨーロッパの中部から南部、西部に分布しています。平地の草原か
ら山地に生え、高さは45〜75センチになります。根生葉はロゼット
状につき、掌状に7中裂します。5月から8月ごろ、花茎を伸ばして集
散花序をだし、暗赤褐色から暗紫褐色の花を咲かせます。園芸上は
「くろばなふうろ(黒花風露)」と呼ばれます。
フウロソウ科フウロソウ属の多年草で、学名は Geranium phaeum。
英名は Dusky cranesbill。
Dusky cranesbill (Geranium phaeum) belongs to the Geraniaceae (the
Geranium family). It is a perennial herb that is native to central, southern
and western Europe. This herb grows in lowland to mountain grasslands
and can reach 45-75 cm in height. The basal leaves are arranged in rosette
and divided in seven lobes palmately. The cymes are borne on flowering
stalks and the dark reddish brown to dark purplish brown flowers bloom
from May to August.
[上・中] 長野県松川村川西にて、2006年05月09日撮影。
[下] クロアチア・プリトヴィッチェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月30日撮影。(photo by Aya Nishiwaza)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp