ゼラニウム・サングイネウム (曙風露)

Geranium sanguineum

Geranium sanguineum

Geranium sanguineum

Geranium sanguineum

Geranium sanguineum

Geranium sanguineum

Geranium sanguineum cv. album

ヨーロッパからアジアの西部に分布しています。高山に生え、マウン
ドを形成して、50センチほどの高さになります。葉は濃い緑色で、掌
状に裂けます。秋には黄色や橙色、褐色に紅葉します。5月から6月
ごろ、濃いピンク色の5弁花を咲かせます。園芸品種も多く、白色や
淡いピンク色もあります。和名では、「あけぼのふうろ(曙風露)」とも
呼ばれます。写真下は、園芸品種の「アルブム(cv. album)」。
フウロソウ科フウロソウ属の多年草で、学名は Geranium
sanguineum。英名は Bloody cranesbill。
Bloody cranesbill (Geranium sanguineum) belongs to Geraniaceae (the
Geranium family). It is a perennial herb that is native to Europe and western
Asia. This herb grows in high mountain ranges, forms mound and can reach
about 50 cm in height. The leaves are dark green and divided into partites
palmately. They turn yellow, orange or brown in fall. The flowers are dark
pink, five-petaled and bloom from May to June. There are many flower-
colored cultivers.
[上・中1] アイルランド・マンスター地方「バレン高原」にて、
2005年06月30日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中2] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年08月11日撮影。
[中4・中5] 埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」にて、
2010年12月05日撮影。
[下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp