ジンジャー (花縮紗)

Hedychium coronarium

Hedychium coronarium

Hedychium coronarium

Hedychium cv.

Hedychium cv.

Hedychium cv.

Hedychium cv.

Hedychium cv.

Hedychium cv.

Hedychium coronarium

Hedychium coronarium

Hedychium coronarium

Hedychium coronarium

Hedychium coronarium

インドからマレーシアにかけてが原産です。わが国には江戸時代に渡来し、和名では「はなしゅくしゃ(花縮紗)」と呼ばれています。高さは0.8〜3メートルになり、長楕円形の葉が2列に並びます。短日植物で、8月から9月ごろ、夕方になると香り豊かな白い花を咲かせます。3個の花弁のように見えるのは仮雄蘂です。耐寒性が強く、暖地は戸外で越冬できます。種間交雑によって多くの園芸品種が作出されています。
ショウガ科シュクシャ属の常緑多年草で、学名は Hedychium coronarium。英名は Ginger lily
The Ginger lily (Hedychium coronarium) belongs to the Zingiberaceae (the Ginger family). It is an evergreen perennial herb that is native from India to Malaysia. It was introduced into Japan in Edo Era (250 years ago). This herb can reach 0.8-3 m in height. The leaves are oblong and arranged in double rows. It is a short day plant and the fragrant, white flowers bloom in the early evening from August to September. The corolla has three petaloid staminodia. It is hardy and can pass the winter outdoors in warm-temperature region of Japan. The many interspecific hybrids have been raised.
[上] 茨城県神栖市矢田部にて、2009年09月15日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2003年09月05日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年10月22日撮影。
[中3・中4] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年08月16日撮影。
[中5・中6] 千葉県香取市大角にて、2011年08月15日撮影。
[中7・中8] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9・中10] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2009年09月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中11〜12・下] 沖縄県沖縄市にて、2017年08月12日撮影。
(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp