ジンジャーミント [Index] [Back]

Mentha x gracilis

Mentha x gracilis

Mentha x gracilis

「コーンミント(M. arvensis)」と「スペアミント(M. spicata)」との交雑種です。高さは45〜60センチになります。葉は小さめの楕円形で、淡い緑色をしています。いくつかの斑入りの品種もあります。全草に「しょうが」を思わせるような強いミントの香りがあります。夏に、葉腋のまわりに輪生状の花序をだし、淡い紫色の花を咲かせます。
シソ科ハッカ属の多年草で、学名は Mentha x gracilis。
英名は Ginger mint, Red mint。
Ginger mint belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a perennial herb that is a hybrid between corn mint (M. arvensis) and spearmint (M. spicata). This herb can reach 45-60 cm in height. The leaves are smallish elliptic and light green. There are some variegated forms. The whole plant has a strong minty aroma with a hint of ginger. It is borne whorled clusters along the axils and blooms pale purple flowers in summer.
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp