ジャボチカバ (木葡萄)

Myrciaria cauliflora

Myrciaria cauliflora

Myrciaria cauliflora

Myrciaria cauliflora

Myrciaria cauliflora

Myrciaria cauliflora

Myrciaria cauliflora

ブラジル南部が原産です。丘陵地帯に生え、高さは10メートルほどになります。熱帯地域や亜熱帯地域に広く栽培される果樹です。幹に直接、白い花が咲き、長い雄しべが目立ちます。ほんのりと甘い香りがします。濃褐紫色の巨峰のような果実がなり、味も似ているそうです。和名では「きぶどう(木葡萄)」と呼ばれます。 
フトモモ科ミルキアリア属の常緑小高木で、学名は Myrciaria cauliflora。英名は Jaboticaba。 
The Jaboticaba (Myrciaria cauliflora) belongs to the family Myrtaceae (the Myrtle family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to south Brazil. This tree grows in hillsides and it can reach about 10 m in height. And this fruit tree is cultivated in tropical and semi-tropical areas. Fragrant white flowers come on the stems with distinct long stamens. Fruits are dark brownish purple, grape-like shape and taste. 
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2006年03月24日撮影。
[中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年03月03日撮影。
[中5] 同上にて、2013年05月25日撮影。
[中2] 静岡県浜松市都田町「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。
[中3・中4] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年01月12日撮影。
[下] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、2013年09月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp