ジャックモンティア・クルティシー [Index] [Back]

Jacquemontia curtisii

Jacquemontia curtisii

Jacquemontia curtisii

アメリカのフロリダ州および新熱帯区に分布しています。松林や石灰岩の露頭などに生え、高さは10センチほどになります。茎は這ったり巻き付ついて、長さは1.8メートルになります。葉は卵形で全縁、互生して、先端は丸頭または切り欠きがあります。5月から11月ごろ、白色で深く5裂した花を咲かせます。果実は小さな丸い刮ハで、しつこい萼がつきます。 
ヒルガオ科ジャックモンティア属の多年草で、学名は Jacquemontia curtisii。英名は Pineland clustervine。 
Pineland clustervine (Jacquemontia curtisii) belongs to the Convolvulaceae (the Morning glory family). It is a perennial herb that is native to Florida and the Neotropics. This herb grows in pinelands and limestone outcrops, and can reach 10 cm in height. The stems are creeping or twining, 1.8 m long. The leaves are ovate, entire, alternate, with rounded or notched tips. The white, deeply 5-lobed flowers bloom from May to November. The fruits are small, round capsules with persistent sepals. 
アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp