じゃのめエリカ (蛇の目エリカ)

Erica canaliculata

Erica canaliculata

Erica canaliculata

Erica canaliculata

Erica canaliculata

南アフリカが原産です。高さが2メートルほどになる大型の「エリカ」です。11月から4月ごろ、小さな釣鐘型の桃色の花を咲かせます。黒い雄しべの葯が特徴で、名前の由来にもなっています。「くろしべエリカ(黒蕊エリカ)」とも呼ばれます。
ツツジ科エリカ属の常緑低木で、学名は Erica canaliculata。
英名は Heath。
Heath (Erica canaliculata) belongs to Ericaceae (the Azalea family). It is a small evergreen tree that is native to South Africa. It is a large-size heath and can reach about 2 m in height. The small, pink, bell-shaped flowers bloom from November to April. It is defined by black anthers.
[上・中1] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年04月15日撮影。
[中2〜3・下] アメリカ・カリフォルニア州メンドシーノにて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp