じゃごけ (蛇苔) [Index] [Back]

Conocephalum conicum

Conocephalum conicum

Conocephalum conicum

Conocephalum conicum

Conocephalum conicum

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、ロシアそれにヨーロッパや北アメリカに分布しています。湿った岩上や土上に生えます。葉状体は灰緑色で、長さ3〜15センチ、幅1〜2センチ、表面に「ヘビ」の鱗のような模様があります。植物体には独特の青臭い臭いがあります。雌雄異株です。雄株は葉状体の先端に、無柄の雄器托をだします。また雌株は葉状体の先端に、柄のある円錐形で短いひだのある雌器托をだします。 
ジャゴケ科ジャゴケ属の苔類で、学名は Conocephalum conicum。
英名は Great scented liverwort。
Great scented liverwort (Conocephalum conicum) belongs to the Conocephalaceae family. It is a liverwort that is native to Japan, the Korean Peninsula, China, Russia, as well as Europe and North America. This liverwort grow on wet rocks or grounds. The fronds are grayish green, 3-15 cm long, 1-2 cm wide, and having snakeskin-like patterns. The plant smells like grass. Male plants bear unstalked, terminal cushions. Female plants have terminal conical receptacles on stalks, which are shortly lobed. 
[上・中1〜2] 福島県いわき市「三森山」にて、
2014年01月18日撮影。
[中3・下] 福島県いわき市「湯ノ岳」にて、2014年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp