ジャワむかごこんにゃく (ジャワ珠芽蒟蒻)

Amorphophallus oncophyllus

Amorphophallus oncophyllus

Amorphophallus oncophyllus

コンニャク属は東南アジアに130種ほどが分布しています。そのうち
蒟蒻の原料としては、マンナンを含んでいることが必須条件で、わが
国で栽培されている「こんにゃく(A. rivieri)」とともに、本種も原料とな
ります。インドネシアのジャワ島に自生していて、葉の上に小さな珠
芽(むかご)をつくって繁殖します。
サトイモ科コンニャク属の多年草で、学名は Amorphophallus
oncophyllus。英名はありません。
Amorphophallus oncophyllus belongs to Araceae (Arum Family). It is a
perennial herb that is native to the Jave Island of Indonesia. This herb
reproduces itself by the propagules which are borne on the leaves.
Amorphophallus genus is distributed about 130 species in Southeast Asia.
Several species of them contains mannan in the corms and are used for the
raw material of 'Konjac food'. This species contains mannan.
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2004年07月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp