じゃこうそう (麝香草)

Chelonopsis moschata

Chelonopsis moschata

Chelonopsis moschata

Chelonopsis moschata

わが国の固有種で、北海道西南部から本州、四国・九州に分布して
います。山地の谷間や斜面に生え、高さは60〜100センチになりま
す。葉は長楕円形で縁には粗い鋸歯があり、対生します。8月から9
月ごろ、葉腋から短い花柄をだし、紅紫色の花を咲かせます。花冠
の上唇は短く、下唇は3裂します。花色の変異が大きいようです。
シソ科ジャコウソウ属の多年草で、学名は Chelonopsis moschata。
英名はありません。
[上・中1] 長野県伊那市長谷黒河内「黒河内林道」にて、
2006年08月24日撮影。
[中2・下] 長野県小谷村中土「雨飾高原」にて、
2005年08月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp