じゃこうあおい (麝香葵)

Malva moschata

Malva moschata

Malva moschata

Malva moschata

Malva moschata

Malva moschata

Malva moschata

ヨーロッパが原産です。観賞用にも栽培され、現在ではアジアやアメリカ、オーストラリアに帰化しています。茎は直立し、高さは70センチほどになります。根生葉は円形で浅裂し、茎葉は浅裂から深裂して裂片も深裂します。6月から8月ごろ、総状花序をだし、直径4センチほどの淡紅色または白色の花を咲かせます。 
アオイ科アオイ属の多年草で、学名は Malva moschata。
英名は Musk mallow。 
The Musk mallow (Malva moschata) belongs to Malvaceae ( the Mallow family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb is cultivated as an ornamental plant and nowadays it is naturalized in Asia, the United State and Australia. The stem is erect and can reach about 70 cm in height. The basal leaves are round and lobate, the cauline leaves are lobate to partite. The racemes are borne and bloom pale pink to white flowers about 4 cm across come in June to August. 
[上・中1〜2] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、
2007年07月10日撮影。
[中3・中4] 岐阜県白川村荻町「白川郷」にて、
2006年07月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] 千葉県香取市大角にて、2013年06月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp