ジキタリス (狐の手袋)

Digitalis purpurea

Digitalis purpurea

Digitalis purpurea

Digitalis purpurea

Digitalis purpurea

Digitalis purpurea

Digitalis purpurea

Digitalis purpurea

Digitalis purpurea

Digitalis purpurea

Digitalis purpurea

ヨーロッパからアジアの中・西部が原産です。木漏れ日のさすような林の中や林縁に生育しています。高さは60〜120センチほどになり、6月から9月ごろに白色やピンク色、それに薄紫色の釣鐘状の花を咲かせます。昔から、薬草として強心剤に用いられます。英名は、花のかたちが手袋の指のように見えることからですが、和名でも、直訳で「きつねのてぶくろ(狐の手袋)」と呼ばれます。 
ゴマノハグサ科キツネノテブクロ属の二年草で、学名は Digitalis purpurea。英名は Foxglove、Fairy caps。 
Foxglove (Digitalis purpurea) belongs to the Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a biennial herb that is native to Europe, central and western Asia. This herb grows in semi- shade places of woodlands or forest edges and can reach 60-120 cm in height. The pale purple, white or pink, bell-shaped flowers come in June to September. This herb has been used as medicine for cardiotonic. The common name is derived from the shape of the blossoms, which resemble to glove fingers. 
[上] イギリス・スコットランド地方「ローモンド湖」にて、
2007年06月20日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中1] アイルランド・コノハト地方「コネマラ国立公園」にて、
2005年07月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] ニュージーランド・カンタベリー地方「クック山・プカキ湖」にて、
2003年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] ニュージーランド・オタゴ地方「クイーンズタウン市」にて、
2003年12月30日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中4] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2010年04月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・中7] 千葉県香取市大角にて、2013年05月08日撮影。
[中8] 同上にて、2015年05月08日撮影。
[中9] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年06月28日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] イギリス・スコットランド「ブラックリン滝」にて、
2016年06月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp