じんようすいば (腎葉酸葉) [Index] [Back]

Oxyria digyna

Oxyria digyna

Oxyria digyna

わが国の本州、中部地方と北海道それに周極地方に分布しています。高山帯の湿った砂礫地に生え、高さは15〜30センチになります。葉は腎形で、長い葉柄があります。7月から8月ごろ、花茎を伸ばして直立した花序をだし、小さな緑色の花をまとまって咲かせます。果実は小さな堅果で広い翼があり、赤色に熟します。葉には酸味があってビタミンCに富み、サラダに利用されます。別名で「まるばぎしぎし(丸葉羊蹄)」とも呼ばれます。
タデ科ジンヨウスイバ属の多年草で、学名は Oxyria digyna。
英名は Mountain sorrel, Alpine sorrel。
Mountain sorrel belongs to Polygonaceae (Knotweed family). It is a perennial herb that is distributed in Chubu district of Honshu, Hokkaido of Japan and circumpolar. This herb occurs in alpine damp gravels and can reach 15-30 cm in height. The leaves are kidney-shaped with long petioles. The upright clusteres are borne on the stalks and bloom small grouped flowers. The fruits are small nuts with broad wings, and ripen red. The leaves have a acidic taste and are rich in vitamin C, and can be used in salads.
スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」
にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp