じろうがき (次郎柿)

Diospyros kaki

Diospyros kaki

静岡県森町で江戸時代の末期、松本治郎さんが発見した品種で、今
も原木が現存し県の天然記念物に指定されています。ふつう果実は
四角形ですが、極まれに五角形をしたものもあります。肉質が緻密
で甘みが強いため、富有柿とともに市場に流通する甘柿の2大品種
となっています。静岡県浜松市の北部一帯が主要産地となり、出荷
高では静岡県が全国一です。
カキノキ科カキノキ属の落葉高木で、学名は Diospyros kaki。
英名はありません。
静岡県浜松市都田町「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp