じょうしゅうおにあざみ (上州鬼薊)

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

Cirsium okamotoi

群馬県と福島・新潟・長野の県境の山地にだけ分布しています。岩場の草地などに生え、高さは1メートルほどになります。「おにあざみ」とよく似ていますが、根生葉の切れ込みが深いのが特徴です。茎には白い軟毛が密生し、葉には鋭い棘が生えています。7月から8月ごろ、大きな頭花を項垂れるように咲かせます。花は紅紫色です。 
キク科アザミ属の多年草で、学名は Cirsium okamotoi。
英名はありません。 
The "Joshu-oni-azami" (Cirsium okamotoi) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to the prefecture's borders between Gumma and Fukushima, Niigata and Nagano prefecture. This herb grows in montane stony grasslands and it can reach about 1 m in height. It is similar to "Oni-azami" (Cirsium borealinipponense), though it has characteristic of deep notched basal leaves. The stems are covered with dense white wooly hairs and the leaves bear acute spines. The magenta large flower-heads are nodding and bloom from July to August. 
[上・中1] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2004年07月03日撮影。
[中2・中3] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、2013年08月25日撮影。
[中4〜中7] 福島県西郷村「三本槍岳」にて、2014年08月13日撮影。
[中8〜11・下] 福島県檜枝岐村「燧ヶ岳」にて、
2014年09月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp