じゅうじちゃるめるそう (十字哨吶草) [Index] [Back]

Mitella stauropetala

Mitella stauropetala

Mitella stauropetala

アメリカの北西部、ワシントン州、モンタナ州からオレゴン州、アイダホ州、ワイオミング州それにユタ州に分布しています。疎林から密生した森林や季節的な湿地、湧水地などに生え、高さは15〜60センチになります。葉はほとんど円形で浅裂し、両面にわずかな毛が生えます。5月から7月ごろ、茎葉のない茎の片側に、緑がかった白色または白色の小さな花を咲かせます。
ユキノシタ科チャルメルソウ属の多年草で、学名は Mitella stauropetala。英名は Side-flowered mitrewort。
Side-flowered mitrewort (Mitella stauropetala) belongs to the family Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is native to northwestern United States, from Washigton, Montana to Oregon, Idaho, Wyoming, and Utah. This herb grows in open to dense woods, seasonally moist, springy sites, and it can reach 15-60 cm in height. The leaves are nearly round, lobed, and slightly hairy on both sides. The 10-45, greenish white to white, tiny flowers bloom on one side of leafless stem from May to July.
アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp