じゅんさい (蓴菜)

Brasenia schreberi

Brasenia schreberi

Brasenia schreberi

わが国の各地をはじめ、東南アジアやオーストラリア、北アメリカ、ア
フリカに広く分布しています。池沼に生える浮葉性の水草です。葉は
楕円形で切れ目がなく、裏面は赤紫色をしています。葉の裏面や若
芽は透明な粘液に被われています。若芽の葉を摘み取って、食用に
されます。6月から8月ごろ、暗赤色の花を咲かせます。
ハゴロモモ科ジュンサイ属の多年草で、学名は Brasenia schreberi。
英名は Water shield。
Water shield belongs to Cabombaceae family. It is a perennial herb that is
distributed widely, all over Japan to Southeast Asia, Australia,
North Africa and Africa. This herb occurs in ponds or bogs and floats on
the water surface. The leaves are elliptic and magenta on the reverse sides.
The reverse sides of leaves and young shoots are covered with clear
mucilage. The dark reddish flowers come in June to August. The young
shoot is used as vegetable.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年06月07日撮影。
[中] 同上にて、2005年07月07日撮影。
[下] 同上にて、2007年05月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp