ジェラシックツリー

Wollemia nobilis

Wollemia nobilis

Wollemia nobilis

Wollemia nobilis

Wollemia nobilis

オーストラリアのクイーンズランド州にあるウォレマイ国立公園の渓谷で1994年に発見されました。1億5000万年から2億年前の、恐竜が栄えていたジュラ紀からの生き残りです。ここまで生き残れたのは、大きな気温の変化に適応できるからとか。高さは35〜40メートルにもなり、葉は濃緑色で、「馬のたてがみ」のようなかたちです。また葉の寿命がくると小枝ごと切り離すそうです。別名で「ウォレマイ松」とも呼ばれます。 
ナンヨウスギ科ナンヨウスギ属の常緑高木で、学名は Wollemia nobilis。英名は Wollemi pine。 
Wollemi pine (Wollemia nobilis) belongs to the Araucariaceae family. It is a tall evergreen tree that was discovered in the valley of Wollemi National Park in Queensland, Australia in 1994. It is a survival from the Jurassic period when dinosaurs flourished, 150 to 200 million years ago. This tree has survived so far because it can adapt to large temperature changes. The height is as high as 35-40 m, the leaves are dark green, like a "horse mane". Also, this tree separates every twig when the leaf life comes. 
[上・中1] 静岡県浜松市村櫛町「浜名湖花博」にて、2004年04月11日撮影。
[中2〜3・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2017年09月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp