サバル・ウレサナ [Index] [Back]

Sabal uresana

Sabal uresana

メキシコ北部が原産です。高さは7.5〜9メートルになり、葉は青緑色の掌状複葉です。葉柄が非常に長く、裂片は深く分裂します。また、暑い日差しや乾燥した風にも耐性があります。一般には「ソノラパルメットやし」と呼ばれます。
ヤシ科サバル属の常緑低木で、学名は Sabal uresana。英名は Sonoran palmetto、Sonoran blue palmetto。
The Sonoran palmetto belongs to the family Arecaceae (the Palm family). It is a small evergreen tree that is native to northern Mexico. This palm can reach 7.5-9 m in height. Leaves are bluish-green and palmate. The segments are deeply divided with a fairly long petioles. This palm tolerates hot sun and dry winds.
アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp