さわぎく (沢菊)

Senecio nikoensis

Senecio nikoensis

Senecio nikoensis

Senecio nikoensis

Senecio nikoensis

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山地の
沢沿いなど湿り気のあるところに生え、高さは60〜90センチになり
ます。葉は薄くて、羽状に深く切れ込みます。6月から8月ごろ、茎の
先の散房花序に黄色い花を咲かせます。舌状花は7〜13個ほどあ
ります。花後、果実の冠毛がそのままついているので「ぼろぎく(襤
褸菊)」とも呼ばれます。
キク科キオン属の多年草で、学名は Senecio nikoensis。
英名はありません。
'Sawa-giku' (Senecio nikoensis) belongs to Asteraceae (Aster family). It is
a perennial herb that is native to all over Japan, Korean Peninsula and
China. This herb occurs in wet places along mountain streams and can
reach 60-90 cm in height. The leaves are thin and divided into pinnately.
The corymbs are borne on the terminal stems and bloom yellow flowers
from June to August. The flower-head has 7-13 ray flowers. The pappi
remain after flowering.
[上・中1] 長野県塩尻市旧塩尻にて、2007年07月11日撮影。
[中2〜3・下] 長野県松本市奈川にて、2005年06月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp