さぎそう (鷺草)

Habenaria radiata

Habenaria radiata

Habenaria radiata

わが国の本州から四国・九州、それに台湾や朝鮮半島に分布してい
ます。日当たりの良い酸性の湿原に生え、高さは20センチほどにな
ります。地下茎を伸ばして、次の年の球根を形成します。7月から8
月ごろ、茎の先に白い花を数個咲かせます。花弁は上に2個、下に
1個ありますが、下の花弁は、サギが翼を広げたかたちに見えます。
ラン科ミズトンボ属の多年草で、学名は Habenaria radiata。
英名は Egret flower。
[上・中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年08月29日撮影。
[下] 京都府左京区「京都府立植物園」にて、2005年08月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp