さいはいらん (采配蘭) [Index] [Back]

Cremastra appendiculata

Cremastra appendiculata

Cremastra appendiculata

わが国の各地をはじめ、台湾、東南アジア、中国それにインドに分布しています。山地の林内に生え、高さは30〜50センチになります。偽球茎は卵形で、頂上から1個、まれに2個の葉を出します。葉は長楕円形で、先端は尖ります。5月から6月ごろ、花茎をだして淡い緑褐色で紅紫色を帯びた花を総状に咲かせます。
ラン科サイハイラン属の多年草で、学名は Cremastra appendiculata。
英名はありません。
"Saihai-ran" (Cremastra appendiculata) belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is a perennial herb that is native to through Japan, Taiwan, Eastsouth Asia, China and India. This herb grows in mountain forests and can reach 30-50 cm in height. The pseudobulbs are ovate and arise solitary or rarely two leaves from apex of pseudobulbes. The leaves are oblong with acute tips. The flowering stalk is borne and the pale greenish brown, tinged magenta flowers bloom in the racemes from May to June.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2011年05月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp