セントポーリア・イオナンタ

Saintpaulia ionantha

Saintpaulia ionantha

アフリカ・タンザニアの北東部、ウサンバラ山地から海岸平野に分布
しています。雨林の岩上や樹幹などに着生して、ロゼットを形成、とき
に匍匐します。葉は濃緑色の楕円形で、縁には鋸歯があります。花
は青紫色で、大きな集散花序を形成します。本種は、現在までに作
出された園芸品種のほとんどの交配親となっています。
イワタバコ科セントポーリア属の多年草で、学名は Saintpaulia
ionantha。英名はありません。
Saintpaulia ionantha belongs to Gesneriaceae (African violet family). It is a
perennial herbacious plant that is endemic to the Usambara Mountains and
the coastal plain, north east of Tanzania. This is an epiphyte that occurs on
rocks or tree trunks in rainforests and grows as a rosette or sometimes as a
trailer. Leaves are dark green, elliptic with toothed edges. Flowers are
bluish-purple and tend to grow in large cymes. This is the species from
which almost all of today's cultivars have descended.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp