さいかく (犀角)

Stapelia hirsuta

Stapelia hirsuta

Stapelia hirsuta

Stapelia hirsuta

Stapelia hirsuta

Stapelia hirsuta

Stapelia hirsuta

Stapelia hirsuta

Stapelia hirsuta

Stapelia hirsuta

南アフリカのケープ地方東部から南部に分布しています。乾燥した地域に生える多肉植物で、茎は直立し、棘はありません。夏、直径10〜12センチほどの星形の花を咲かせます。花は黄土色でえび茶色の剛毛が密生し、腐敗臭があります。怪我をした動物の傷口に似た雰囲気があり、ハエなどを誘う虫媒花です。 
ガガイモ科スタペリア属の常緑多年草で、学名は Stapelia hirsuta。英名は Carrion plant。 
Carrion plant (Stapelia hirsuta) belongs to the Asclepiadaceae (the Milkweed family). It is an evergreen herb that is distributed in the south and eastern Cape region of South Africa. This herb is succulent and grows in dry areas. The stem stands upright and has no spines. Star shaped flower of 10-12 cm in diameter will bloom in summer. The flowers are yellow ocher and densely covered with reddish brown bristles, and have foul odor. This flower has an atmosphere resembling the wound of an injured animal. This is an entomophilous flower that invites flies etc. 
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年08月29日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2004年10月13日撮影。
[中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年11月05日撮影。
[中4〜8・下] 福岡市中央区「福岡市植物園」にて、2017年10月06日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp