セントポーリア・マグンゲンシス

Saintpaulia magungensis

Saintpaulia magungensis

アフリカ・タンザニアの東北部、ウサンバラ山地に分布しています。雨
林の岩上や樹幹などに着生して、腋芽をだして広がります。葉は緑
色の心円形で、縁には鋸歯があり、短毛に被われます。葉はしばし
ば下方にわずかに反ります。花は青紫色で中央部は濃紫色です。
イワタバコ科セントポーリア属の多年草で、学名は Saintpaulia
magungensis(syn. S. amaniensis)。英名はありません。
Saintpaulia magungensis belongs to Gesneriaceae (African violet family). It
is a perennial herbacious plant that is endemic to the Usambara Mountains,
northeast of Tanzania. This is an epiphyte that occurs on rocks or tree
trunks in rainforests and grows as a trailer. Leaves are medium green,
orbicular-cordate with toothed edges and short hairs. They are often slightly
spooned. Flowers are bluish-purple with dark purple center.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp