セントポーリア

Saintpaulia cv.

Saintpaulia cv.

Saintpaulia cv.

Saintpaulia cv.

Saintpaulia cv.

セントポーリア属は、タンザニア北部からケニア南部にかけて24種
ほどが分布し、赤道直下の高山の涼しい所にわずかに生えていま
す。室内で栽培ができるため、数多くの園芸品種が作出されていま
す。矮性で花色や花形も豊富です。名前は、19世紀にこの花を発見
したセント・ポールイレール(Baron Walter von Saint Paul-Illaire)に因み
ます。別名で「アフリススミレ(菫)」とも呼ばれます。
イワタバコ科セントポーリア属の多年草で、学名は Saintpaulia(属の
総称)。英名は African violet。
[上・中1〜3] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年01月06日撮影。
[下] オーストラリア・シドニー市キャッスルヒルにて、
2005年12月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp