セントポーリア・ルピコラ

Saintpaulia rupicola

Saintpaulia rupicola

アフリカ・ケニアの南東部、南部海岸平野に分布しています。雨林の
岩上や樹幹などに着生して、ロゼットを形成しますが、ときに腋芽を
だします。葉は緑色の長心形で、縁には鋸歯があります。花は淡い
青紫色です。
イワタバコ科セントポーリア属の多年草で、学名は Saintpaulia
rupicola。英名はありません。
Saintpaulia rupicola belongs to Gesneriaceae (African violet family). It is a
perennial herbacious plant that is endemic to the Southern Coastal Plain,
southeast of Kenya. This is an epiphyte that occurs on rocks or tree trunks
in rainforests and grows as a rosette or occasionally may be multiple-
stemmed. Leaves are medium green, oblong-cordate with toothed edges.
Flowers are pale bluish-purple.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp