さいうんかく (彩雲閣)

Euphorbia trigona

Euphorbia trigona

Euphorbia trigona

Euphorbia trigona

Euphorbia trigona

Euphorbia trigona

アフリカ西部の熱帯地方に分布しています。柱サボテンに似て低木
状になり、高さは1.8メートルほどになります。茎には3〜4稜があ
り、稜の上には棘とへら状の葉がつきます。また灰白緑色のまだら
模様がありますが、赤色や白色の模様の品種もあります。わが国へ
は大正時代に導入されました。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia
trigona。英名は African milk tree。
African milk tree belongs to Euphorbiaceae (the Spurge family). It is an
evergreen perennial herb that is distributed tropical West Africa. This
succulent is fruticose, looks like a columnar cactus and can reach 1.8 m in
height. Stems are middle green with pale grayish-green patches and 3-4
angled. Spatulate leaves and spines are on the edges. Some varieties have
red or white mottling. It was introduced into Japan in the days of Taisho
Era (about 80 years ago).
[上] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年01月12日撮影。
[中1・中2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年02月08日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデン
ゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(phto by Jon Suehiro)
[中4・下] スペイン・バレンシア県ガンディアにて、
2010年09月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp