さとうきび (砂糖黍)

Saccharum officinarum

Saccharum officinarum

Saccharum officinarum

Saccharum officinarum

Saccharum officinarum

Saccharum officinarum

Saccharum officinarum

インドのガンジス川流域が原産です。紀元前4世紀には地中海地方
にもたらされ、わが国へは江戸時代の初めに中国から渡来していま
す。熱帯・亜熱帯地域で栽培され、高さは3メートルほどになります。
節を含む茎で増殖します。茎は砂糖の原料となり、搾り粕も燃料や
飼料、パルプなどに利用されます。別名で「かんしょ(甘蔗)」とも呼ば
れます。
イネ科ワセオバナ属の多年草で、学名は Saccharum officinarum。
英名は Sugar cane。
Sugar cane (Saccharum officinarum) belongs to Poaceae (the Grass family).
It is a perennial herb that is native to the reach of Ganga River in India. It
was diffused into the Mediterranean in 4 century BC. And It was
introduced into Japan via China in the early Edo Era (about 350 years
ago). This herb can reach about 3 m in height and reproduces itself by the
stem with involvement of nodes. It is cultivated in tropical and sub-tropical
areas. The stems are used as a raw material of sugar and the pomaces are
used for fuel, feed and pulp.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年09月25日撮影。
[中2・中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
[中4〜5・下] ベトナム・ハノイ市にて、2010年09月02日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp