さくららん (桜蘭)

Hoya carnosa

Hoya carnosa

Hoya carnosa

Hoya carnosa

Hoya carnosa cv. Indian Rope

Hoya carnosa

Hoya carnosa

わが国の九州南部から南西諸島、それに東南アジア、オーストラリアに分布しています。林の中に生育し、岩や樹木などに気根で付着してよじ登ります。葉は長楕円形で、多肉質でかたく光沢があります。6月から10月ごろ、節から短い柄を出して、球状の花序に淡紅色の花を咲かせます。写真中4は園芸品種の「インディアンロープ(cv. Indian Rope)」。 
ガガイモ科サクララン属の常緑多年草で、学名は Hoya carnosa。
英名は Wax vine。 
The Wax vine (Hoya carnosa) belongs to the Asclepiadaceae (the Milkweed family). It is an evergreen herb that is native from southern Kyushu to the Ryukyu Islands of Japan, as well as Southeast Asia and Australia. This herb grows in forests and climbs up adjacent trees or rocks by the aerial roots. The leaves are oblong, carnose, hard and glossy. The pale rose pink flowers bloom in the spherical clusters which bear on the short peduncles of nodes from June to October. The fifth photo is a cultivar 'Indian Rope'.
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年09月07日撮影。
[中1] 同上にて、2004年10月13日撮影。
[中2] 同上にて、2005年04月21日撮影。
[中3] 同上にて、2006年04月25日撮影。
[中4] オーストラリア・シドニー市「ガルストンオープンガーデン」にて、
2006年08月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5・下] 茨城県桜川市「茨城県植物園」にて、
2013年09月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp