サラール [Index] [Back]

Gaultheria shallon

Gaultheria shallon

Gaultheria shallon

Gaultheria shallon

Gaultheria shallon

Gaultheria shallon

Gaultheria shallon

Gaultheria shallon

北アメリカの西部、アラスカ州南東部からブリティッシュコロンビア州中部、それに南にカリフォルニア州南部に分布しています。針葉樹林や雑木林などに生え、直立したり四方に広がったりして、高さは50〜200センチになります。葉は光沢のある革質で、濃い緑色、卵形で細かい鋸歯があります。3月から6月ごろ、苞葉があり片側につく総状花序に、ピンク色から白色の壺形の花を咲かせます。果実はほとんど球形の液果で、黒紫色に熟します。アメリカ先住民の人々は、乾燥したり燻製にした果実を食用に利用していました。
ツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木で、学名は Gaultheria shallon。
英名は Salal。
Salal (Gaultheria shallon) belongs to the family Ericaceae (the Azalea family). It is a evergreen shrub that is native to western North America, from southeastern Alaska and central British Columbia southward to southern California. This shrub grows in coniferous forests or thickets, and it is sprawling to erect, and can reach 50-200 cm in height. The leaves are leathery, shiny, dark green, ovate and finely serrated. The urn-shaped pink to white flowers bloom at a one-sided, bracteate raceme from March to June. The fruits are nearly spherical berries and ripen black-purple. The Native Americans had been used dried or smoked fruits as a food.
[上・中1〜5] アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、
2013年06月15日撮影。
[中6・下] アメリカ・オレゴン州マルトノマ滝にて、
2013年09月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp