サルビア・アンソニーパーカー [Index] [Back]

Salvia cv. Anthony Parker

Salvia cv. Anthony Parker

Salvia cv. Anthony Parker

Salvia cv. Anthony Parker

「メキシカンセージ」の園芸品種「ミッドナイト」と「パイナップルセージ」との自然交配種だと考えられています。1994年にサウスカロライナ州にあるフランセス・パーカーの庭園で発見されました。品種名は、彼女の孫息子の名前に因みます。高さは120〜150センチになります。葉は長卵形で、芳香はありません。夏から冬にかけて、紫黒色の唇形花を咲かせます。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia cv. Anthony Parker。
英名は Anthony Parker bush sage。
Anthony Parker bush sage (Salvia cv. Anthony Parker) belongs to Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is believed to be a spontaneous hybrid between Mexican sage (Salvia leucantha cv. Midnight) and Pineapple sage (Salvia elegans). It was discovered in 1994 by Frances Parker in her South Carolina garden and was named for her grandson. This herb can reach 120-150 cm in height. The leaves are long-ovate and not frangrant. The purple-black labiate flowers bloom from summer to winter.
茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、2008年11月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp