サルビア・アズレア

Salvia azurea

Salvia azurea

Salvia azurea

Salvia azurea

Salvia azurea

Salvia azurea

Salvia azurea

Salvia azurea

Salvia azurea

アメリカの南東部から中南部に分布しています。草原に生え、高さは
60〜150センチになります。葉は線形から披針形で対生します。7
月から10月ごろ、茎の上部に青色の花を輪生状に咲かせます。下
唇は上唇よりも大きく、雄しべは2個あります。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia azurea。
英名は Blue sage, Azure-blue sage。
Blue sage belongs to Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that
is native to south-eastern and central-south USA. This herb grows in
grasslands and can reach 60-150 cm in height. The leaves are linear to
lanceolate and opposite. The blue flowers come in whorled clusters of the
upper stems from July to October. The lower lip is larger than the upper
lip, and having two stamens.
[上・中1] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2008年11月09日撮影。
[中2・中3] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年11月01日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2006年09月24日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中7] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2007年10月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp