サーモンベリー [Index] [Back]

Rubus spectabilis

Rubus spectabilis

Rubus spectabilis

Rubus spectabilis

Rubus spectabilis

Rubus spectabilis

Rubus spectabilis

Rubus spectabilis

Rubus spectabilis

Rubus spectabilis

Rubus spectabilis

北アメリカの西岸、アラスカ州の西中部からカリフォルニア州に分布しています。湿り気のある森や流れの縁、とくに海岸林などに生え、高さは1〜4メートルになります。葉は3出複葉で小葉は卵形、頂小葉はほかの小葉よりも大きいです。小葉の縁は重鋸歯または鋸歯と浅裂します。春の終わりから初夏にかけて、明るいピンク色から濃赤色の花を咲かせます。果実は小核果の集まった集合果で、黄色から赤色、しばしばサーモンピンク色に熟し、食べることができます。このベリーは、先住民の人々によって、サーモンと一緒に、あるいはウリカンという鰯くらいの小魚の油脂やイクラと混ぜて食べられていました。
バラ科キイチゴ属の落葉小低木で、学名は Rubus spectabilis。
英名は Salmonberry。
Salmonberry (Rubus spectabilis) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a deciduous shrub that is native to the west coast of North America from west central Alaska to California. This shrub grows in moist forests and stream margins, especially in the coastal forests, and it can reach 1-4 m in height. The leaves are trifoliate with ovate leaflets, the terminal leaflet larger than the two side leaflets. The margins of leaflet are doubly serrate or lobed and serrate. The bright pink to dark red flowers bloom in late spring to early summer. The fruits are aggregates of drupelets, ripen yellow to red, often salmon colored, and edible. The berries were eaten with salmon or mixed with Oolichan grease or salmon roe by the indigenous peoples.
[上・中1〜6] アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、
2013年06月16日撮影。
[中7・中8] アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、
2013年06月17日撮影。
[中9・下] イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、
2016年05月31日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp