サルビア・ブレファロフィラ [Index] [Back]

Salvia blepharophylla

Salvia blepharophylla

Salvia blepharophylla

メキシコの中東部、サンルイスポトシ州とタマウリパス州に分布しています。茎は地面を這い、匍匐枝によって広がります。葉は卵形で、まつ毛のような毛で縁取られます。夏から秋にかけて、長い総状花序をだし、真っ赤な花を咲かせます。種小名は、ギリシャ語の「まつ毛のような縁取りのある葉」に由来します。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia blepharophylla。
英名は Eyelash leaved sage。
Eyelash leaved sage (Salvia blepharophylla) belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a perennial herb that is native to central-eastern Mexico; San Luis Potosi and Tamaulipas. This herb is creeping and spreading by stolons. The leaves are ovate and fringed by eyelash-like hairs. The long racemes are borne and bloom bright red flowers from summer to fall. The specific epithet is from the Greek for 'with leaves fringed like eyelashes'.
愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp