サラダバーネット (オランダ吾木香)

Sanguisorba minor

Sanguisorba minor

Sanguisorba minor

Sanguisorba minor

南ヨーロッパから西アジア、北アフリカに分布しています。乾燥した地
域の草地や砂礫地に生え、高さは30〜60センチになります。葉は
羽状複葉で、丸い小葉には歯車のような切れ込みがあります。5月
から8月ごろ、花茎を伸ばして「われもこう」に似た赤い花を咲かせま
す。軟らかい葉はサラダやスープに利用され、花はドライフラワーに
されます。和名では「オランダわれもこう(オランダ吾木香)」と呼ばれ
ます。
バラ科ワレモコウ属の常緑多年草で、学名は Sanguisorba minor。
英名は Salad burnet。
Salad burnet (Sanguisorba minor) belongs to Rosaceae (Rose family). It is
an annual herb that is distributed from southern Europe to West Asia and
North Africa. This herb occurs in dry grasslands or screes and can reach
30-60 cm in height. The leaves are pinnate compound with round leaflets.
They have teeth of a gear like edges. The flowering stalks are borne and
bloom red flowers from May to August. The young leaves are used for
salad or soup and the flowers are used for dried flower.
[上・中1] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中2・下] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年04月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp