サルビア・チアペンシス

Salvia chiapensis

Salvia chiapensis

Salvia chiapensis

Salvia chiapensis

Salvia chiapensis

メキシコの南東部、チアパス州(Estado de Chiapas)に分布しています。標高2100〜2800メートルの雲霧林に生え、高さは75〜120センチになります。耐寒性は弱く、強い霜にあうと枯死します。葉は光沢のある濃緑色の卵形で、縁には鋸歯があります。8月から11月ごろ、花茎を伸ばして穂状花序をつけ、淡紅色の唇形花を咲かせます。 
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia chiapensis。
英名は Chiapas sage。 
Chiapas sage (Salvia chiapensis) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is distributed to southeastern Mexico, Estado de Chiapas. This herb grows in mist forests at 2100-2800 m elevation, and can reach 75-120 cm in height. It has not cold resistance, and dies with tstrong frost. The leaves are glossy, dark green, ovate with serrated edges. The spikes are borne on the flowering stalks, and bloom pale rose pink, labiate flowers from August to November. 
[上・中1] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[下] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2010年07月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp