サルビア・コッキネア

Salvia coccinea cv. Lady in Red

Salvia coccinea cv. Lady in Red

Salvia coccinea cv. Coral Nymph

Salvia coccinea cv. Coral Nymph

Salvia coccinea cv. Snow Nymph

Salvia coccinea cv. Coral Nymph

北アメリカから南アメリカにかけてが原産です。別名で「べにばなサ
ルビア」、「テキサスセージ」とも呼ばれています。段咲きとなり丈夫で
作りやすく、赤色の「レディインレッド(cv. Lady in Red)」、ピンク色と白
色の「コーラルニンフ(cv. Coral Nymph)」、真っ白な「スノーニンフ(cv.
Snow Nymph)」が広く知られています。花期は、7月から11月ごろで
す。
シソ科サルビア属の多年草で、学名は Salvia coccinea。
英名は Scarlet sage, Texas sage。
Scarlet sage belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a perennial herb that
is native to North and South America. This herb is also called 'Texas sage'.
It is a hardy plant and can be cultivated easily. The flowers are borne in the
tiered, circular clusters from July to November. Some cultivars are well
known, such as red-color 'Lady in Red', pink and white-color 'Coral
Nymph, white-color 'Snow Nymph'.
[上・中1・中3・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年08月29日撮影。
[中2] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、
2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp