サルビア・ヤメンシス

Salvia x jamensis

Salvia x jamensis

Salvia x jamensis

Salvia x jamensis

Salvia x jamensis

アメリカのテキサス州からメキシコに分布するミクロフィラ種(S.
microphylla)とメキシコ北部に分布するグレッギー種(S. greggii)との種
間交雑種です。よく分枝して、小さめの長卵形の葉が対生します。品
種改良が進んでいて、淡いピンク色やサーモンピンク、淡い黄白色
などがあります。春から秋にかけて開花します。
シソ科アキギリ属の常緑小低木で、学名は Salvia x jamensis。
英名は Jame sage, Autumn sage。
Jame sage belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an evergreen shrub
that is a interspecific hybrid between Salvia microphylla (native from Texas
to Mexico) and Salvia greggii (native to northern Mexico). This shrub is
much-branched, the leaves are small long-ovate and opposite. Many
cultivars have been breeded and pale pink, salmon pink or pale yellowish-
white color. It blooms from spring to fall.
[上・中1] 大阪府枚方市「ひらかたパーク」にて、
2007年05月23日撮影。
[中2] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2006年09月24日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp