サルビア・ミニアタ

Salvia miniata

Salvia miniata

Salvia miniata

Salvia miniata

Salvia miniata

Salvia miniata

メキシコ南部とベリーズの温暖な地域が原産です。半日陰に生え、
高さは80〜100センチくらいになります。楕円形の葉は大きくて光
沢があり、濃い緑色をしています。夏から秋にかけて、鮮やかな朱赤
色の花を咲かせます。「ハミングバード」の好物だそうです。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia miniata。
英名は Belize sage, Smooth leaf sage。
Belize sage (Salvia miniata) belongs to Labiaceae (Mint family). It is a
perennial herb that is native to southern Mexico and Belize. This herb
occurs in semi-shade places of warm temperate areas and can reach 80-
100 cm in height. The leaves are elliptic, dark green and glossy. The bright
vermillion-red flowers appear from summer to fall. They are favorite of
hummingbirds.
[上・中1] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2008年11月09日撮影。
[中2] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[中3] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中4] アメリカ・ニューヨーク市「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp