サルビア・ネモローサ

Salvia nemorosa

Salvia nemorosa cv. May Night

Salvia nemorosa cv. Snow Hill

Salvia nemorosa cv. Snow Hill

Salvia nemorosa cv. Snow Hill

Salvia nemorosa cv. Blue Hill

Salvia nemorosa cv. Blue Hill

Salvia nemorosa cv. Rose

Salvia nemorosa cv. Rose

Salvia nemorosa cv. Rose

ヨーロッパから中央アジアに分布しています。潅木帯や大草原に生
え、高さは30〜50センチになります。全体に毛が生え、葉は長楕円
状心形で対生し、縁には鋸歯があります。下部では葉柄があります
が、上部では無柄です。夏から秋にかけて、茎頂や葉腋から花茎を
伸ばして穂状花序をつけ、濃い紫色の花を咲かせます。写真中1
は、園芸品種の「メイナイト(cv. May Night, cv. Mainacht)」、中2〜4は
「スノーヒル(cv. Snow Hill)」、中5・中6は「ブルーヒル(cv. Blue Hill,
cv. Blauhugel)」、中7〜8・下は「ローズ(cv. Rose)」。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia nemorosa。
英名は May night sage, Violet sage。
May night sage belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial
herb that is native to Europe and central Asia. This herb grows in scrags or
steppes and can reach 30-50 cm in height. The plant is covered with wooly
hairs. The leaves are oblong-cordate with toothed edges. The lower leaves
are petiolated and the upper leaves are sessile. The flowering stalks are
borne on the apices or axiles and the dark purple flowers bloom. The 2nd
photo is a cultivar 'May Night', 3rd to 5th are 'Snow Hill', 6th to
7th are 'Blue Hill' and 8th and bottom are 'Rose'.
[上] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 同上にて、2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中7〜8・下] 茨城県神栖市太田新町にて、2011年05月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp