サルビア・オッポシティフローラ [Index] [Back]

Salvia oppositiflora

Salvia oppositiflora

Salvia oppositiflora

ペルーが原産です。高山に生え、高さは60〜90センチになります。葉は卵形から三角状で、わずかに毛で被われています。秋になって、赤橙色の筒状花を、ふつう反対側に2個ずつ咲かせます。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia oppositiflora。
英名はありません。
Salvia oppositiflora belongs to Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is native to Peru. This herb grows in alpine areas and can reach 60-90 cm in height. The leaves are ovate to deltoid and lightly covered with hairs. The orange-red tubular flowers bloom usually in opposite pairs in fall.
茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、2008年11月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp