サルビア・プラテンシス [Index] [Back]

Salvia pratensis

ヨーロッパから西アジア、北アフリカに分布しています。草地や茂みの縁、林縁などに生え、高さは1〜1.5メートルになります。葉は長卵形で対生し、表面はざらざらしています。6月から8月ごろ、穂状花序をだして、濃い青紫色やまれにピンク色や白色の花を咲かせます。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia pratensis。
英名は Meadow clary, Meadow sage。
Meadow clary belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a perennial herb that is native to Europe, West Asia and North Africa. This herb occurs in grasslands, scrub edges or woodland borders and can reach 1-1.5 m in height. The leaves are long ovate and opposite with rough surface. The spikes are borne and bloom dark blue-purple, rarely pink or white flowers from June to August.
スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、2007年06月28日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp