サルビア・パープルマジェスティ

Salvia cv. Purple Majesty

Salvia cv. Purple Majesty

Salvia cv. Purple Majesty

Salvia cv. Purple Majesty

南アメリカ原産のグアランティアカ種(S. guaranitica)とメキシコ原産の
ゲスネラエフローラ種(S. gesneraeflora)との種間交雑種です。高さは
1〜2メートルになります。葉は卵形で対生し、縁には細かい鋸歯が
あります。6月から11月ごろ、茎頂に長い穂状花序をだし、紫色の
唇形花を輪生状に咲かせます。萼片は黒紫色です。低温になると葉
は紫色を帯び、冬に地上部は枯死します。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia cv. Purple Majesty。
英名は Salvia "Purple Majesty"。
Salvia "Purple Majesty" belongs to Lamiaceae (the Mint family). It is a
perennial herb that is a interspecific hybrid between Salvia guaranitica
which is native to South America and Salvia gesneraeflora which is native
to Mexico. This herb can reach 1-2 m in height. The leaves are ovate,
opposite with fine toothed edges. The purple labiate flowers bloom in
whorl from June to November. The sepals are black-purple. The leaves
are tinged purple in the cooler months and the terrestrials are blighted.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中2・下] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2008年11月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp