サリクス・レツーサ [Index] [Back]

Salix retusa

Salix retusa

ヨーロッパが原産です。標高1500〜3000メートルの山地草原に生え、高さは5〜10センチになります。葉は卵形で互生し、全縁です。6月から8月ごろ、尾状花序をだし、目立たない花を咲かせます。
ヤナギ科ヤナギ属の落葉小低木で、学名は Salix retusa。
英名はありません。
Salix retusa belongs to Salicaceae (Willow family). It is a deciduous shrub that is native to Europe. This shrub occurs in montane grasslands 1500-3000 m elevation and can reach 5-10 cm in height. The leaves are oval, entire and alternate. The catkins are borne and bloom inconspicuous flowers from June to August.
スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」
にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp